スポンサーリンク
注目!
かんぽ、終戦を迎える。
スポンサーリンク

かんぽ、終戦。

2019年7月31日。

郵便局員による、かんぽ不適切営業に対する記者会見が開かれた。

かんぽの不適切販売が社会問題となり、記者会見に応じた日本郵政、日本郵便、かんぽ生命の各社長は、当面金融商品の営業を自粛する旨の発表を行った。

いくら内部留保がある巨大企業とはいえ、集配や全国にある不採算窓口郵便局を金融部門の収益で賄っていたこともあり、この先本当に大丈夫なのか。

どの角度から考えても、明るい未来は見通せないというのが一般的な見方のようだ。

郵政3社社長の記者会見はまるで終戦を迎える玉音放送のようだった。

Radio

不適切販売をしてきた営業社員は、

 

「ああ、バレたか。くるべき時がきた…。」

 

と思ったかもしれない。

 

他の社員においては、

 

「この騒動が収まったとしても、かんぽや郵便局に対する信頼回復はまず難しいだろう。かんぽは終わった。」

 

と感じただろう。

 

そうなのだ。もはや今回の日本郵政、日本郵便、かんぽ生命社長による記者会見は、社員にとって、終戦を受け入れなくてはならない玉音放送を聞いていた気分だったのではないだろうか。

 

それまで現場では、勝てもしない戦いにも関わらず、馬鹿の一つ覚えのように

「突っ込め〜〜〜〜!!!!」

と命令され、従順にその無謀な命令に従い負傷しまくった営業社員が多くいたことだろう。

負傷しながら戦い続けた彼らはその玉音放送を聞き、ようやく肩の荷を下すことができたのかもしれない。

『負傷兵』たる営業社員を待ち受けるのは、『東京裁判』のような処分の言い渡しか。

裁判

いくら現場からの苛烈な圧力があったとはいえ、不正に手を染めてしまった事実は変わらない。

今後彼らを待ち受けるのは、調査と処分という東京裁判のようなものが待ち受けているのかもしれない。

どれだけ現場から苛烈な圧力を受け、不正に手を染めざるをえなたっかのか。それを考えるとオレは全てを責められないでいる。

彼らはまるで、「旧日本軍のような命令は絶対」の中に身を置かざるをえなかった、いわば犠牲者の側面もあるからだ。

果たしてどれぐらいの営業社員が責任を取らされるのか…。

まるで想像もできないでいる。

この大混乱、まさに日本の戦後を見ているかのようである。

かんぽの未来は暗くて見通せない。

Dark people

今後かんぽはどうなっていくのか。

社長自ら、「魅力のない商品」と言ってしまっているわけで、それを販売しなくてはならない社員が気の毒でならない。

当面、金融商品の販売は自粛するそうだが、これだけの不祥事を出してしまえば、信頼回復は難しく、当然今までのようにはいかないだろう。

 

昭和を感じさせる訪問販売という古い営業手法をあらため、ネット販売に舵を切るぐらいの大ナタを振るわないと、かんぽの復活はあり得ないだろう。

 

また、郵便事業の国有化も検討をし、全国に散らばる無駄に多い窓口郵便局の縮小化も実施しなくては、採算が取れなくなってくるのは明白だ。

 

かんぽ営業が終戦を迎え郵政がどう復興していくかは見ものではあるが、しがらみが強そうな巨大組織で果たしてリストラが刊行できるのかに疑問が残る。

 

下手したら日本航空の悲劇のようなことも起こり得るかもしれない…。

これからも巨大戦艦日本郵政の今後を固唾を飲んで見守っていくとする。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク