スポンサーリンク
注目!
中島翔哉、ポルトガルの強豪FCポルトに移籍!
スポンサーリンク

小さな体の中島翔哉がどんどん大きくなっている。

中島翔哉略歴
東京ヴェルディ→カターレ富山→FC→ポルティモネンセ(ポルトガル)→アル・ドゥハイル(カタール)→FCポルト(ポルトガル)

と歩き渡り、気が付いたら欧州のビッグクラブに到達してた。

FCポルト移籍の記事がこちら。

中島翔哉、ポルトガル強豪ポルトへの移籍が正式決定! 契約は5年、気になる移籍金は15億円と現地で報道

 

半年で再びポルトガルへ!
 アル・ドゥハイルの中島翔哉が、半年でポルトガルに復帰することが決まった。現地時間7月5日に、ポルトガルの強豪ポルトが、この日本代表MFの加入を正式に発表した。
 
 公式サイトでは契約は2024年までの5年間と発表され、背番号は「8」になることも併せて発表された。

 地元紙『O Jogo』によれば、アル・ドゥハイルとポルトは、中島を共同保有する契約を締結したようだ。保有権は前者が依然として50%を持ち、後者は1200万ユーロ(約15億円)を支払って、50%の権利を得るという形で決着がついたということのようだ。

 中島は、17年夏にポルトガル1部のポルティモネンセに加入。リーグ戦10ゴール・12アシストという結果を残し、一躍注目を集める存在となった。18-19シーズンは前半戦をポルティモネンセでプレーした後、19年2月にカタールのアル・ドゥハイルに完全移籍。この際に支払われた移籍金は、日本人最高額を更新する3500万ユーロ(約44億円)と見られている。

 いまや森保一監督率いる日本代表でも主軸を担う。先のコパ・アメリカ(南米選手権)では、3試合すべてに先発。引き分けに終わったエクアドル戦では1ゴールを決め、現地サポーターの投票で決まるマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)にも選出されるなど、そのパフォーマンスは南米でも高く評価された。

 ポルトガルの「ビッグ3」の一角を担うポルトは、昨シーズンはリーグ戦を2位で終えており、19-20シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)に予選3回戦から参加することが決まっている。この予選とプレーオフを勝ち抜けば、中島にとって初のCL出場のチャンスが巡ってくる。

サッカーダイジェストより

FCポルトの中島翔哉紹介ツイート

ビッグクラブでのプレーを前に中島翔哉楽しそうだな。

FCポルトというクラブ

ポルトガルのトップリーグであるプリメイラ・リーガに所属し続けている。2010-11シーズンは史上初のリーグ無敗優勝、それも30試合27勝3分け、73得点16失点という成績を残し、さらにタッサ・デ・ポルトガル、後述のUEFAヨーロッパリーグも優勝し、ポルトガル史上初の3冠を達成した。直後のUEFAスーパーカップではFCバルセロナに敗れて優勝を逃した。国内リーグで1994-95シーズンから1998-99シーズンにかけて、プリメイラ・リーガ史上初、そして唯一の5連覇を達成した他、UEFAヨーロッパリーグ2回優勝 (2002-03・2010-11) 、UEFAチャンピオンズリーグ優勝 (1986-87・2003-04) を初め、2度の世界一に輝くなど国際タイトルも数多く獲得してきた。ポルトガルのサッカークラブで唯一、クラブ世界一の称号を手にしたクラブである。

ポルトガルで最も人気のあるフットボール・チームの一つである。まだ欧州で無名の若手を安く買い、育てて他のビッグクラブへ高額で売却するという方針で多額の利益を上げており、これまでリカルド・カルヴァーリョ、ブルーノ・アウヴェス、ラウール・メイレレス、ジョアン・モウティーニョ、フレディ・グアリン、ハメス・ロドリゲス、ルイス・ゴンサレス、リサンドロ・ロペス、フッキ、ラダメル・ファルカオといった選手が在籍してきた 。

アメリカ「フォーブス」誌が、2003~04年度シーズンの世界のビッグクラブの収益体制を調査した報告によると、当時のクラブ収入は1億1000ドルで欧州第12位であった。

wikipediaより引用

中島翔哉がまた欧州で輝きを放つ。

カタールに移籍した当時、

「ああ、中島翔哉は終わったかな〜…。」

と疑いの目を向けたのは正直なところだった。

でも、こうやって高い移籍金を払ってまでも、欧州のビッグクラブが中島翔哉を獲得しにくるということは、相当評価されていることがわかる。

FCポルトで欧州CLに出場できるのも、中島翔哉のキャリアを考えたら素晴らしいことだと思う。

保有権が半分ずつということで今後のステップアップが心配される。

アル・ドゥハイルとFCポルトで保有権を半分ずつ共有するということで、権利関係が複雑化するのは間違いない。

移籍したくても、パスが半分しかないので、それを整えるのに時間を要することも出てくるのではないか、と懸念している。

この先、中島翔哉がさらに大活躍をして、それこそバルサやレアルやマンUといったメガクラブに移籍するというのであれば、そのメガクラブが資金力にものを言わせて移籍の道も拓けるのも確かではあるが。

中島翔哉にはまたFC東京に戻ってきてほしい。

「中島翔哉はワシらが育てた。」

そういってはばからないFC東京サポーターのオレ。図々しいが紛れもない事実である。

なのでいずれは、中島翔哉にFC東京に戻ってきてプレーしてほしいのである。

中島翔哉だけでなく、長友佑都武藤嘉紀久保建英はもちろんのこと…。

 

それにしても、我がクラブFC東京は、結構な選手を輩出してるんだな〜。

誇らしく思うわ。

 

それなのになぜかリーグ優勝とは縁遠いクラブに成り下がっていやがる。

あとはJ1リーグで優勝するだけなのになぁ!

なにはともあれ、中島翔哉よ、FCポルトで輝きなさい!

Vamos Shoya!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク